本業が何であれ、自身でビジネスをしているなら必ず気を付けるべきポイントがあります。いくつか例を見てみましょう。

知的財産権を守る

利用しようとしているコンテンツの商標権や著作権が自身ではなく他社に帰属している場合、ライセンスを取得しなければ利用できません。インターネット上にあるテキスト、画像、動画コンテンツを商用目的で無断で使用することは犯罪であり、訴訟リスクも発生するので絶対にやめましょう。

自身の知的財産を守る

逆に、自社の発明や商標は積極的に守る必要があります。著作権は著作物が制作された瞬間に自動的に付与されますが、商標権と特許権は早い者勝ちで登録する必要があります。自身や自社の知的財産を守りたいのであれば、必ず早めに登録を済ませましょう。