アドバイザーをつけよう

自営業者のように雇用されていない立場の場合、税務や経営など本業とはあまり関係のない仕事も自分自身で行う必要があります。その道や業界についての知識、経験が豊富な自営業者は数多くいますが、法務や税務など、法律がらみのことについて詳しいビジネスオーナーはあまり多くないのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、税理士や司法書士など、その道のプロを顧問とすることです。高い顧問料が発生することは間違いありませんが、これまでペーパーワークに割かれていた多くの時間を捻出し、本業にフルコミットできるようになります。

ただ、まかせっきりになることに注意しましょう。税理士や司法書士に丸投げ状態だと、自社の経営状態や健全性を把握できなくなる危険性があります。